トム君の書評

日々の生活の中での書評

東上線 各駅短編集

 著者:廣野すぐり              分野:小説/エッセイ

出版:まつやま書房             定価:1200円+税

2012年10月 初版第一刷

2013年1月 初版第二刷

評価:★

実家がある東武東上線の各駅を記した本なので、当然評価は高くなるべきであるが、実際はそこまででない。確かに東武東上線は郊外を走る電車であまり派手なものではないが、私には子供のころから慣れ親しんだものなので、何とも言えない愛着がある。もともと東武東上線は、東上鉄道だったそうだが、その後東武鉄道に吸収された経緯があるそうだ。そのため、他の東武鉄道とは離れた独自の文化圏を作っている。また、さいたま市(昔の浦和・大宮)文化圏とはまたかなり違っている。今では、何しろ渋谷にも、自由が丘にも横浜にも一本で行けるのだからすごい。とはいっても、埼玉の中というのはお互いの交通の便がひどく悪くて、埼玉県民の一体感というのが感じられる機会というのはあまりない気がして残念に思える。

 この本は、東上線の各駅についての短編の小説と、区間区間の特徴を述べたエッセイからなっている。非常にマイナーな駅も含めてすべての駅について取り上げているのは非常に良い。小説のほうは、毎回全く異なる主人公になっていてその点はつまらなく感じる。数人の人物もしくは一組の家族などを使って、お互いをつなげられればもっとふくらみが出て良くなると思う。また、登場人物が平凡な市民ばかりであるのは良いと思うが、あまりにせこい小市民ばかりで、考えることといえば自分の出世が終わっただの、家族のこんなところが気に入らないだのそんなことばかりで変に自己満足に陥っていて、自分を省みたりもっと高めようという気持ちが感じられないのは気に入らない。書いているのも所詮はそんな人なのかという気分になってくる。そういえば、著者は男なのだろうか女なのだろうか? たぶん、男だと思うが、もし女なら小心な男心がよくわかっていて感心なことだと思う。

 しかし、良いところもある。よく取材されているので、沿線のことがよくわかる。自分が知っている道の描写だと嬉しくなってくるし、読んでいて歩きたくなる道も多い。最後の池袋はすべての短編の中でもきらりと光る佳作になっている。

平壌(ピョンヤン)で朝食を。

著者:勝谷誠彦             (分野)小説/現代

出版:光文社文庫             定価:本体533円+税

2010年8月 初版第1刷

評価:★★★

この著者は、以前に西原理恵子関係の本で見たことがあった気がするので、手に取ってみた。やはりというかかなり過激な人物で、週刊文春の記者を最初はしていたそうだ。テレビのコメンテーターなどとしても呼ばれていたらしいが、最近すべて降板させられたそうだ。見れたら面白かったろうに残念だ。また、おそらくボクシングやプロレスのような格闘技もしているのだろう。体がよさそうだ。

この人がほかに小説を書いているかどうかは知らない。多分、ジャーナリストとしての仕事が忙しいためあまりしていないのだろう。それで、読んでみてなのだが、8編の短編からなっているがなかなか面白い。創造力も高いのだろうし、文章も日ごろ書き慣れているせいかうまいと思う。

ただ、私との感性の違いか残念ながらもう一度読みたいという作品はほとんどなかった。私には毒が強すぎて、読んだ後さわやかな気持ちにはなれないものが多い。時事ネタの負の面を題材に取っているせいなのでやむを得ないことと思う。また、登場人物についても友達にしたいという気にはなれない。たぶん私は、市井のもっと平凡な人物のほうが波長が合うのだろう、、、。

しかしその中で、「連絡船のうどん」の一作は文句なく良い。四国から本州へと移住する人間の覚悟と決意が伝わる作品になっており、最後のシーンも実によいと思う。これだけは、何度も読み返してしまった。私にとっての、「連絡船のうどん」は「天下一品」のラーメンだろうか? 京都で友達と食べた情景が目に浮かぶし、その後、東京や京都に旅行した時も何度か食べたが、やはり学生の時食べたほどはおいしく無く感じる。多分、それぞれの人が少なくとも一品くらいは「連絡船のうどん」のようなものをきっと心に持っているのだろう、、、。

他には、私も近鉄ファンだったので、「ナニワ金鉄道」もなかなか良かったが、登場人物が好きになれなかったのが残念だ。

次の作品が出たとして、たぶん買わないだろうな? いやでも買ってしまうかも、、。

 

 

これから5年 株は「買い」で決まり!!(東京オリンピックまでに資産3倍増)

著者:杉村富生                 分野:金融/経済

発行:株式会社すばる舎

初版:2015/3  第3刷:2015/4                                      定価:本体1400円+税

評価:★

観ての通りの題名の本である。こういう本は、使い捨てなのだが数年後に読むと、著者の予言がどれくらいあっているか確かめられる楽しみがある。こういう本は情報が新しくないと意味がないとも聞くが必ずしもそうでもなくて載っている銘柄が数年後に動き出す場合も多いと思われ、それだと得した気分になる。

 昨年は、ほとんど停滞せずに日経平均TOPIXも2割以上騰がったので、株をやっている人はほとんど儲かったのではないかと思われる。

 この本の予想は概して当たっており、そういう意味では今後も好調が維持されると期待してよいのだろうか。好調の理由はもちろん企業業績が良いことが最も大きいのだろうが、その大きな遠因としてアベクロミクス(特に長期政権が長く続くと株価が騰がるジンクスが多いこと)と東京オリンピックが挙げられている。私は安倍氏のやりかたも黒田氏のやり方も明らかに金持ち優遇で感心しないが、しかし、実際ある程度の恩恵を受けていることは認めねばならない。このような時代、投資を行わないという選択肢は非常に危険であり、私のように健康に不安があって常に働けなくなるリスクがある人にとって、投資による収入は本当に助かる。以前、離婚した前妻の愚かな義母が私が株をすることをくどくど悪口を言っていたが、それでいて私が株主優待の品を恵もうものなら嬉々としていたのは笑ってしまう。

 しかし、株で年数十万円のレベルで稼ぐことは比較的容易に思えるが、年200万以上も目指すとなると、かなりリスクも高まってくるし投入する資金と時間も多く必要なことが予想されて、なかなか踏み込めないでいる。

 後半では、著者の推奨銘柄が5種類に分けて示されており、これはそれぞれの種類ごとに特色があって非常に良い。私は、とりあえずローリスクの低位株を仕込んでみている。これだと、つぶれて0になるリスクもあるが、少し上がればたちまち2,3倍になることが期待できて面白い。

外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法

著者:山根亜希子           分野:金融/経済

発行:明日香出版社          

初版:2005/5  第18版:2005/6                    定価:1470円(本体1400円+5%税)

評価:★

昨年の7月にFXの本を読んだので、より実践に近い内容ということでこの本を読んでみた。筆者は、昔からよくネットでお見掛けする方である。版数を見るとずいぶん売れているようだ。

序文に書かれているが、株で大きく儲けるのは非常にハイリスクで難しいことだということだ。これは、FXでも変わらないというか、よりハイリスクに思える。ただ、何度も述べられるのだが、少ないレバレッジでSwap Pointも使ってコツコツ稼ぐには確かにFXは株より理がありそうな気がする。資産運用はFX→株→不動産と進めるのが良いとどこかにも書かれていた。確かにFXは株や不動産より単純ではある。しかし、基本的に丁半博打なので、株より危険な面も大きいので、少額で慣れてからでないと大きな勝負はしないほうが良いだろう。

 いろいろな面からFXのメリットが述べられている。外貨預金と比較するとスプリットが比べ物にならないほど小さい。ただ、Swap Pointにマイナスがあるので、持っているだけで為替が動かなくてもお金が減っていくことがあることは気をつけねばならない。それでもFXに比べて外貨預金のほうがよっぽどブラックだという筆者の主張はもっともで、私も長らく外貨預金をしてきたが、これ以上新規の資金を入れるとしたらFXに回したい。銀行によって外貨預金のスプリットをかなり良くしたり、利率も比較的高くしているところも出てきているとは思うが、やはりFXには遠く及ばない。

 取引会社の選び方も詳しく書いてあってとても良い。名の知れた大きな証券会社など全然よくなくて、ネット専業業者のほうがずっと条件は良いようだ。ただ、わたしはIG証券というあまり聞かないところでデモ口座を作っているがここは使い方がよくわからなくて初心者向きではない気がする。実践するには時間がなくて、数社の資料を取り寄せたままになっている。

 もう一冊くらい専門用語やチャートの見方など学習出来たら実践してみたい、、、。

カモちゃんの今日も煮え煮え

評価:★★★

著者:鴨志田穣 絵:西原理恵子      分野:エッセー

講談社文庫                定価:本体495円(税別)

2007年7月初版

 

鴨志田氏の名前を聞くのは10年ぶりくらいで、懐かしくてつい古本屋で手に取ってしまった。鴨志田氏と西原氏の本をよく読んだのは20代のころだった。今思うと仕事のストレス解消や海外へのあこがれが読ませたのだろう。読んだことがない本だが、内容的には以前に読んだもののエピソードの繰り返しが多い気がして、目新しいものは少ない。なにより、もっと多い量を、高い質で書けばもっと良くなると思うが彼には無理なのかもしれない。鴨志田氏の名前は「ゆたか」というのだということが今回判明したのは収穫だ。ずっと「じょう」だと思っていた。ともかくも、この本を見ると彼の作品は6冊まで本になったらしい。それはそれだけですごいことだ。また、2007年に彼がなくなった後、1200人が送る会に訪れたそうだ。確かに、彼の破天荒な生き方に惹かれる人が私を含めていたのだろう。その後、高須医院長と西原理恵子氏を相撲中継でよく見かける。好意も悪意も感じないが、西原氏の男の趣味についてはなんとなく納得してしまう。

 私自身、若いころ世界を放浪してみたかったが、残念ながらその体力も勇気もなかったので、それを実行してしまう彼に惹かれるのだろう。ただ、この本の何篇かのうち何度も読み返したいと思うものはほとんどないのは残念だ。何か、後味の悪さやくだらなさを感じてそこまでしたいと思わない。まあ、割と良いのは第1話と第5話かな?   

がんばれ大家さん! 賃貸住宅経営の50のヒント

評価:★

著者:税理士法人タクトコンサルティング 代表社員・税理士 本郷 尚 

出版:税理士法人タクトコンサルティング      分野:不動産/金融

2013/9 初版

2014/7 改訂新版4刷

定価:本体1200円+税

 

ずいぶんこのブログを書くのも久しぶりだ。最近、就職活動のためほとんど本読んでいないからな。それにしては、相変わらず就職は決まらないのだが。年も明けたので、心機一転というところだろう。

 この本は、一昨年の8月くらいに不動産セミナーに行ったときもらったものだ。著者の本郷さんはセミナー当日も講演していたし、最近あちこちで名前を聞くので非常に調子が良いらしい、、、。

 この本は、大家さんの心得やtipsをまとめたもので、体系的ではないが新しい情報なのはよい。私も不動産経営したいと思って、業者の人に相談などもしたが新規物件をささやかなたくわえから出すことは感心しないといわれた。失業中なのでローンなど通るわけないし、、、、。

 株や投資信託などもしているが、いつも情報にアンテナを張らねばならず大変な気がする。そう考えると大家さんのほうが良いようにも思えるが、人口は減る一方だし、法律も、市場も借り手有利だしで、やっぱり斜陽だろうか? それでも数は少ないが成功者はいるようだが、、。

 

喘息のベストコントロール法:喘息と診断された日から役に立つ

著者:久保裕(くぼひろし)

発行:合同出版       分野:健康/医学

初版:1993年5月

評価:★★★★★

 

普通の本ではないので、評価は私の私的なものである。

私は喘息があるが、これに対する愛憎は本当に深いものがある。2歳くらいからの付き合いになり、高校のころはかなり良くなったのでもしかして大人になればよくなるかと思ったのだが、結局そんなことはなかった。大人になっても長い付き合いが続いている。今年の夏も軽く罹ってしまい、ちょうど時間が割とあるので、治療法について調べてみた。しかし、やはり根本治療は相変わらず不可能らしい。大人になって喘息の人の9割は治らないそうだ。治療法は、結局ステロイドを一生吸入するしかないらしい、、、。わたしはこれに対しては何年か拒否反応を示していたが、今回この本をよく読んでみて、豊かな人生のためにはそれくらいは我慢しなくてはならないと感じた。

 

昔、母が入手してくれて、ざっと斜め読みしただけだったが、今回精読してみて新しい発見も多かった。

 ・喘息は、6人に1人しか遺伝しない。

 ・「様子を見る」とたいてい失敗する。兆候があれば、すぐ治療したほうが良い。

 ・喘息の原因:アレルゲン(主にダニ(ハウスダスト)。他にも、カビ、ブタクサ、

        花粉など多数)、食物、スポーツ、ストレス、疲労、

        光化学スモッグ、車の排気、季節の変わり目、低気圧、寒さ、暑さ、

        アスピリン、風邪、気管支炎、飲酒、喫煙、、、、、、

   (溜息)一体これらを避けて現代人が生きることが可能なのだろうか?

昔は、喘息は甘えが原因だと話す人(医者も含めて)がかなりいた気がする。私はそんな人を見ると怒鳴りつけたい衝動に駆られるが、とにかくそういう人種とは付き合わずに済めばそうしたいと思う。そうできない場合も多いのだが、、、。 

 

久保先生自身も、喘息患者だそうだ。そういわれてみると、喘息を持っている喘息医も多いのかもしれない。完治方法を見つけてもらえれば、ノーベル賞100個分に値すると思うが、、、。

 

それにしても、この本は情報としてはかなり古いので、喘息のことをきちんと知りたい人はもっと新しい本を読むべきだろう。もっとも、それほど進歩していないのが現状だと思われるが、、、。

久保先生は、喘息大学の校長も務められたということなので、ネットを少し調べてみたが、活動は昔ほど盛んではないらしい。共通認識を高めるというひとまずの役割は果たしたということだろう。